妊娠10週目の私が試したつわり対策4選

なかなか終わりの見えないつわり、辛いですよね(>_<)
今回は、つわり真っ最中の私が試しているつわり対策をご紹介します。

最初に言うと、完全につわりの吐き気を緩和することはできていないです…(;・∀・)
でもやっていないよりはだいぶマシなので、つわりの重い妊婦さん、つわりが来る前にできるだけの対策をしておきたい妊婦さん、良かったら参考にしてみて下さい!

漢方を試してみた…★★★☆☆

こちらの記事で書いたのですが【つわりに効く漢方薬*小半夏加茯苓湯を飲んでみた

正直ないよりかは幾分マシ…といった感じでした。
つわりが本格化する前に飲み始めたので、飲んでない時との比較が難しいのですが、前回の妊娠より体の調子が良かったです。
でも、空腹時とか夜間とか、辛いときは辛かったな。

吐き止め薬を試してみた…★★★★☆

漢方だけでは家事もままならないことが多くなったので、再び産院の先生に相談したところ、「吐き気にはこれが良いかな」と処方してくれたのがプリンペラン錠。


消化管運動を亢進させ、消化管運動の低下などによる吐き気、胸やけ、食欲不振などを改善する薬です。

妊娠初期は消化機能が低下するため、便秘や胸やけ、それに伴う吐き気が多くなるものですが、それらを良くしてくれる効果があるとのこと。
もちろん産婦人科で処方されているので、赤ちゃんには影響ありません。

どう変化した?

今も飲み続けていますが「漢方よりかは効いているかな」という感じ。
やっぱり空腹時や夜間には吐き気で横になってしまうことも多いですが、漢方よりはマシな気がします。
これのおかげか日中は結構調子が良いので、もうつわりが終わるまで手放せない!

吐き気に悩む妊婦さん、無理せずにかかりつけの産院に聞いてみて下さい。

ツボ押しを試してみた…★★★☆☆

船酔いなどにも使われるツボなのですが、手首の内側に「内関」という吐き気を緩和するツボがあります。
↓ココ
手首のシワから肘側に指3本分下がった、筋の間にあるツボです。
普通に指で押しても良いのですが、このツボを押してくれるピッタリのリストバンドがあるんですよ~。



付けてみるとこんな感じ。
格好良くはないですが、これからの時期は長袖になるし良いかなと。

どう変化した?

このバンドは1人目の妊娠時、てきめんに効果を発揮しました!
このバンドを付けているのといない時では吐き気の重さが結構違うんです。
今回は、前回ほど目立った効果は感じず…。お風呂の時以外は就寝時もずっと付けていますが、起床時の吐き気がないので良い感じです。(このバンドのせいかは分からないけど…)

ビタミンB6サプリを試してみた…★★☆☆☆

ビタミンB6がつわりの吐き気に効くってご存知ですが?

海外の実験ですが、妊娠17週未満の妊婦342人にビタミンB6(30 mg)を投与した結果、吐き気が有意に減少したとのこと。
論文では「妊娠初期の吐き気の重篤度を軽減するのに有効」と結論付けられています。
(参考https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7573262?dopt=Abstract)

私が今飲んでいる葉酸サプリ【プレミン】にもビタミンB6は入っているのですが、わずか1.4㎎と心許なく…別でサプリを摂っています。



↑ネイチャーメイドのビタミンB6。(店頭ではどこを探してもなかったので、Amazonで購入)

どう変化した?

これに関しては全然分からないです…。効いているのかいないのか謎(・_・;)
一応飲み続けているのですが、朝飲んでも夜飲んでもその後の気持ち悪さは変わらず。
でもレビューを見ると「吐き気が治まった」という人もいたので、人によるのかなぁという感じです。
もうちょっと続けたら良くなってくれるのかな~。

まとめ

「つわりの特効薬ができたら出生率もっと上がるんじゃないの!?」と思う日々…( ;∀;)
でも上手に病院や周りの人に頼ったり、自分なりの対策をしてみたり、無理をしない生活をすることで症状はある程度軽減できると思います。
検診で元気な赤ちゃんが見えると、こっちまで元気になりますしね(*^▽^*)

終わりの見えないつわりは辛いですが、一緒に乗り切りましょう!




妊娠記録*7~9週目の状況

・相変わらず肉、魚、卵、豆腐はダメ(でもなぜか手羽元のから揚げだけ食べられる)
・シャンプー、食器用洗剤の匂いがダメに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする