つわりに効く漢方薬*小半夏加茯苓湯を飲んでみた

妊娠が分かって幸せな気分に浸っているのもつかの間、辛い辛いつわりがやってきます。

吐き気、だるさ、眠気、めまい…どれもどうにかして避けたい症状ですが、特に吐き気に悩まされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?

私は一人目の妊娠時のつわりがしんどくてしんどくて…_(:3 」∠ )_
その恐怖をお医者さんに伝えたところ、こちらの漢方を処方してくれました。
小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)

なんとつわり時の吐き気を押さえてくれる漢方とのこと!

本当につわりに効くのか、飲みやすさはどうなのかをまとめてみました!

小半夏加茯苓湯を飲んでみた

こちらの小半夏加茯苓湯、

こんな感じの白いサラサラした漢方薬です。

小半夏加茯苓湯ってどんな漢方薬?

吐き気や嘔吐、胃内の水分の停滞感を抑える漢方薬です。
つわりに悩む妊婦さんだけでなく、胃炎など、その他の病気の時に用いられることもあります。

そのままお湯で飲んでみると…
よくあるような漢方の苦い味はしないけど、粉薬を飲んだ時のような「ウッ」とする苦みがあります。
飲みやすい部類の漢方なのかもしれないけど、つわり中はキツイ(´Д`)

お医者さんが「味が苦手な人も多いから、とりあえず1週間分出しとくね~」と言っていた意味が分かります。

小半夏加茯苓湯はオレンジジュースで飲んでも大丈夫?

「水やお湯で飲むのはキツイ(>_<)」という方は、オレンジジュース等で飲んでも大丈夫だそうです。

私は更に気持ち悪さを抑えるため、オブラートに包んでからオレンジジュースで流し込んでいます。
柑橘系の飲み物って、むかつきのある胃にもスッキリ通るから飲みやすい✨✨

飲みにくいな~という方におすすめです(o^-‘)b

オブラートを使った飲み方

今更感がありますが…
・オブラートに薬を包み、漏れないようにねじった後、スプーンに乗せて水に沈めるとゼリー状に




・またはお皿に水を入れてオブラートを浮かべ、中央に薬を乗せて端からつまようじ等で包んでいくとこちらも良い感じのゼリー状の塊ができます。


そのまま水と一緒に流し込めば楽チン!
オブラートがお家にある方、是非試してみて下さい(∩´∀`)∩

小半夏加茯苓湯を数日試してみた効果

毎日3袋ずつ飲んでいますが、まだ起き上がれないほどの強い吐き気は起きていません

ただ、全く吐き気がないわけではなく、1日中ゆるーく気持ちの悪い状態が続いています。
元々の吐き気が今の状態まで抑えられてるのか
もう少し飲み続けないと効果が出てこないのか…

飲んでいないと具合が悪い感じがするので、このまま飲み続けて様子を見てみようと思います。






妊娠記録*6週目の状況

・食間時・空腹時・満腹時・夜間に吐き気が集中(強くはない)
・以前より眠気が強い(眠りつわりという程ではない)

・タンパク質…ほぼ全般食べられなくなった
肉魚だけでなく卵・豆腐も×
納豆はギリギリ、味噌は大丈夫

・野菜類…大体大丈夫だけど、積極的に食べられるのはキュウリ・トマト・白菜

・ご飯はOK。お粥だと食べやすい
・食パンは食べたいと思えない(昨日食べたメロンパンは美味しかった)

・ごま油・サラダ油が立ち上る匂いで胃がむかむかする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする