葉酸サプリ過剰摂取の危険性は?食事を含めた適正量はどのくらい?

「妊活中から葉酸サプリを摂らないといけないのは分かる。だけど、摂り過ぎた場合、どんな悪影響が起こるの?」

葉酸は食事からも取れるため、食品とサプリ両方から摂っていくことになります。
でも「気づいたら過剰摂取になっていた…(◎_◎;)」なんてことになったら心配ですよね~。

実は葉酸は、飲めば飲むほど良いというものでもありません!
過剰摂取は、ママにも赤ちゃんにも悪影響を及ぼす恐れがあるんです。

「妊娠前~出産後までの適切な摂取量ってどのくらい?」
「食事の葉酸とサプリの葉酸を一緒に摂ったら摂り過ぎになる?」
「過剰摂取による赤ちゃんへの影響はある?」

これら妊活中・妊娠中に気になる疑問について解説していきたいと思います!

葉酸の適切な摂取量ってどのくらい?


妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月までは、食事からの葉酸に加えてサプリからも葉酸を補わなければないと、厚生労働省のHPでも書かれています。
『日本人の食事摂取基準2015年度版』より
(https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf)
黄色のマーカーの部分をまとめると、具体的に必要となる量は次の通りです。
●妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月まで:
食事性葉酸240㎍+サプリからの葉酸400㎍=640㎍
.
●妊娠4カ月から出産まで:
食事性葉酸240㎍+食事性葉酸240㎍=480㎍
.
●授乳期:
食事性葉酸240㎍+食事性葉酸100㎍=340㎍
妊娠中は少なくとも2倍以上、妊娠初期までは2.5倍以上もの葉酸を摂取しなければいけないことになります。

食べ物に入っている葉酸を沢山摂ったらとりすぎになる?


でも、食事からの葉酸に加えてサプリの葉酸を摂るとなると、
「いつの間にか葉酸が入っている食べ物を摂り過ぎて、過剰摂取になっていたらどうしよう」
「サプリを飲んでいる間は食事からの葉酸を控えるべき?」

こんな疑問が浮かんできませんか?
毎日の食事からどれだけ葉酸を摂っているかなんて分からないですし、いつの間にか過剰摂取になっていたりしたら不安ですよね。

葉酸の過剰摂取については、上に載せた表の赤マーカーをご覧下さい。
・20代の女性では900㎍が上限
・30代から40代では1000㎍が上限となっています。

ポイントは、この耐容上限量が「サプリメントや強化食品に含まれるプロテイルモノグルタミン酸の量」だということ。
つまり過剰摂取だと見なされるのはサプリから摂取した場合であって、食品から過剰摂取になったという報告はないんです。
SCF(欧州食品科学委員会)の評価でも、「食品由来の葉酸の過剰な摂取による有害影響の報告はない」とされています。

更に、葉酸はビタミンB群に属する水溶性のビタミンで、水洗いや加熱で成分を失いやすいデリケートな栄養素です。
実際の吸収率は50%以下、現代の食生活でも200㎍ちょっとしか摂れていないと言われています。

葉酸サプリを目安量の400㎍摂った後に葉酸たっぷりの食事を沢山摂ったとしても、過剰摂取の影響は考えにくいです。
(ギャル曾根ちゃんくらい食べればどうなるか分かりませんが…(^^;))

気にせず、しっかり食事を摂って下さいね(^o^)/

葉酸の過剰摂取の影響は?


葉酸で過剰摂取になるのはサプリを飲み過ぎた時のみ。
サプリで定められた量をきちんと飲み、更に食事から葉酸をたっぷり摂る分には過剰摂取にはならないことが分かりました。

では葉酸を過剰摂取した場合、どんな影響があるのでしょうか?

母体に与える影響

先ほども言った通り、葉酸は水溶性のビタミンで排出されやすい特徴があります。
体に蓄積されにくいため、摂り過ぎたとしても影響を与えることはほとんどありません。

しかし、サプリで1000㎍以上摂取した場合、稀に発熱・蕁麻疹・かゆみ・呼吸障害などを伴う葉酸過敏症を起こすことがあります。
また、ビタミンB12欠乏症の診断を困難にすることもあります。
ビタミンB12は葉酸と共に赤血球の生成に関わる栄養素のため、不足すると巨赤芽球性貧血という悪性貧血を引き起こします。
葉酸の過剰摂取はこの貧血を改善してしまうため、ビタミンB12欠乏症に気づかずに悪化させてしまう恐れがあるのです。

胎児に与える影響

葉酸がおなかの赤ちゃんに与える影響として有名なのが、オーストラリアのコホート研究です。
母親の葉酸摂取状況と子どもの喘息発症リスクの関係を調べたところ、妊娠後期 (30~34週)に1000㎍の葉酸サプリを摂取し続けた妊婦さんは、産まれた子ども(3.5歳、5.5歳時)の喘息リスクが高いことが分かりました。

最後に


「赤ちゃんのために」とついつい沢山飲みたくなるサプリですが、それが逆効果になる恐れもあるんですね。
また葉酸サプリには、鉄分といった体に蓄積しやすい栄養素が含まれていることも多く、思わぬ悪影響をもたらすこともあります。
普通に飲む分には副作用はありませんので、決められた量を守って元気な赤ちゃんを産んで下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする